DJI(ディージェーアイ) RS 3 ジンバルスタビライダー N_1173372

販売価格 66,000円 (税込)
※お取り寄せとなりますため、メーカーの在庫状況によっては、通常より納期がかかる場合がございます。
メーカーに在庫がある場合は3~5営業日(土日祝・弊社休業日を除く)で出荷予定です。
数量
お問い合わせ
JAN
6941565928597
商品コード
N_1173372
ブランド
DJI
製品特長
主な仕様

2秒で準備完了

新機能の自動軸ロックにより、撮影を素早く開始でき、また、撮影現場間の移動時や収納時の効率性も向上しました。

一日の撮影でも大丈夫

重量わずか1.3 kg[1]のRS 3は積載量(試験値)3 kgを誇り、主要ブランドの撮影デバイスや様々なシナリオに対応できます。

Bluetoothで簡単シャッター制御[2]

Bluetoothシャッター制御機能で、タップするだけで録画の開始/停止を操作でき、一度ペアリングしたカメラは次回自動で再接続されます。

画面が80%大きくなり、操作性アップ

直感的なUIと合理的な操作フローを備えた1.8インチ OLED フルカラータッチ画面上で、ほとんどのジンバル設定にアクセスできます。

安定性、20%アップ

第3世代RS安定化アルゴリズムにより、安定性を向上し、ローアングル撮影や走りながらの撮影、動いている車からの撮影でも、簡単に滑らかな映像を撮影できます。

概要

同梱物

ジンバル×1
BG21グリップ×1
レンズ止着サポート×1
延長用グリップ/三脚(プラスチック製)×1
クイックリリース プレート (Arca-Swiss/Manfrotto用)×1
マルチカメラ制御ケーブル(USB-C、30 cm)×1
ねじキット×1
USB-C 充電ケーブル (40 cm)×1

スペック

周辺機器アクセサリーポート NATOポート
1/4-20 取り付け穴
コールドシュー
映像伝送/フォーカスモーター ポート (USB-C)
RSSカメラ制御ポート (USB-C)
フォーカスモーター ポート (USB-C)
バッテリー モデル:BHX711-3000-7.2V
種類:2S
容量:3000 mAh
電力量:21 Wh
最大 動作時間:12時間[1]
充電時間:約2.5時間(18W充電器を使用時。PD急速充電プロトコルに対応)
推奨充電温度:5℃ ~ 40℃
接続 Bluetooth 5.0
充電ポート(USB-C)
Roninアプリ要件 iOS 11以降
Android 7.0以降
タッチ画面 対応言語 英語、簡体中国語、繁体中国語、ドイツ語、フランス語、韓国語、日本語、スペイン語、ポルトガル語(ブラジル)、ロシア語、タイ語
動作性能
積載量(試験値) 3 kg
最大制御回転速度 パン:360°/s
チルト:360°/s
ロール:360°/s
機械的可動範囲 パン軸:360° 連続回転
ロール軸:-95° ~ +240°
チルト軸:-112° ~ +214°
機械的および電気的特性
動作周波数 2.400~2.484 GHz
Bluetooth 送信出力 <8 dBm
動作環境温度 -20°C ~ 45°C
重量 ジンバル:約990 g
グリップ:約200 g
延長用グリップ/三脚(プラスチック製):約183 g
上部および下部クイックリリース プレート:約107 g
サイズ 折りたたんだ状態:254×230×68 mm(長さ×幅×高さ。カメラと延長用グリップ/三脚を除く)
展開状態:364×187×170 mm(長さ×幅×高さ。高さには、グリップを含み、延長用グリップ/三脚は除く)
DJI Ronin 映像トランスミッター 接続 電源/通信ポート(USB-C)
HDMIポート (Mini HDMI)
RSSカメラ制御ポート (USB-C)
拡張ポート コールドシュー
動作周波数 2.4002.484 GHz
5.725~5.850 GHz(日本国内は2.4 GHz帯のみ利用可能)
重量 126 g
サイズ 82×63×24 mm(長さ×幅×高さ)
伝送電力 (EIRP) 2.400~2.484 GHz:
<25 dBm (FCC)
<20 dBm (CE/SRRC/MIC(日本))

5.7255.850 GHz:
<25 dBm (FCC/SRRC)
<14 dBm (CE)
バッテリー 容量:2970 mAh
対応充電器:5V/2A
充電時間:約2.5時間
最大バッテリー駆動時間:約3.5時間
伝送範囲 200 m (SRRC/FCC)[2]
100 m (CE/MIC(日本))[2]
遅延 60 ms
動作電流/電圧 900 mA、3.7 V
動作環境温度 0℃~45℃

備考

1. 機材が水平に静置され、ジンバルのバランスが取れ、3軸がアクティブ状態で、バッテリーのみでジンバルに電源供給している時に測定。
2. 障害物や電波干渉のない開けた場所で測定。