【~11/30までセール特価】edelkrone(エーデルクローン) Dolly PLUS PRO 電動ドリー

297,000  販売価格 252,450円 (税込)
お取り寄せ
【セール期間】
11月17日(水)~11月30日(火)まで

数量
お問い合わせ
JAN
0850988007740
商品コード
EDL-DLPP
ブランド
edelkrone
製品特長

DollyPLUSの主な特徴

屋内の平面上での使用専用のカメラモーションコントロールロボット
あらゆる種類の三脚を直線または曲線で動かします
HeadONEまたはHeadPLUSとペアリングすることが可能
曲線移動の際の軸を自動的に学習
Bluetoothを使ってスマホからコントロールできます
モーションタイムラプスが簡単にプログラミングできます

耐荷重:13.6kg(30ポンド)
寸法:748 mm x 121 mm x 115 mm(29.4 x 4.7 x 4.5 インチ)
重量:7 kg(15.4ポンド)

屋内の平らな設置面のみで使用可能
Canon LP-E6バッテリー 2つまたはNP-Fバッテリー2つで稼働

DollyPLUS

サイズ(縦 x 横 x 高さ) 29.4 x 4.7 x 4.5 インチ(748 mm x 121 mm x 115 mm)
重量 15.4ポンド(7 kg)
推奨カメラ重量 30ポンド(13.6 kg)以下。
最小ステップサイズ 7.62 μm
最高速度 5.59インチ/秒(14.2cm/秒)
サポートされるフレームレート(fps) すべて
モーターのタイプ 超高分解能エンコーダー搭載ステップモーター2個。
入力電源 LP-E6タイプバッテリー、NP-Fタイプバッテリー、AC/DCアダプター(バッテリーとバッテリーブラケットは個別販売です。)
電池持続時間 95Whのバッテリー搭載(Vマウント / ゴールドマウントバッテリー1個)
12時間稼働(フルスピードで継続稼働)
72000枚の写真を撮影(タイムラプスモードにて)
シャッタートリガーケーブル用ソケット 2.5 mm (シャッタートリガーケーブルは別売)
ペアリング対応品: HeadONE(シングル、デュアルモードの両方)、Pan PRO、HeadPLUS(v2およびv1)、HeadPLUS PRO(v2およびv1)
モバイルデバイス接続 2.4GHz無線通信によるデバイス間通信、 および BLE接続によるスマホとのペアリングおよび接続
アプリ互換性 iOS 11.0以降、またはAndroid 5.0以降
材質 CNC機械加工アルミニウムおよびステンレス鋼

DollyPLUS PRO

サイズ(縦 x 横 x 高さ) 35.6 x 4.7 x 4.5 インチ(905 mm x 121 mm x 115 mm)
重量 16.5ポンド(7.5 kg)
推奨カメラ重量 45ポンド(20 kg)以下。
最小ステップサイズ 7.64 μm
最高速度 5.59インチ/秒(14.2cm/秒)
サポートされるフレームレート(fps) すべて
モーターのタイプ 超高分解能エンコーダー搭載ステップモーター2個。
入力電源 Vマウントバッテリー、ゴールドマウントバッテリー、AC/DCアダプター(バッテリーおよびバッテリーブラケットは別売。)
電池持続時間 95Whのバッテリー搭載(Vマウント / ゴールドマウントバッテリー1個)
12時間稼働(フルスピードで継続稼働)
72000枚の写真を撮影(タイムラプスモードにて)
シャッタートリガーケーブル用ソケット 2.5 mm (シャッタートリガーケーブルは別売)
ペアリング対応品: HeadONE(シングル、デュアルモードの両方)、Pan PRO、HeadPLUS(v2およびv1)、HeadPLUS PRO(v2およびv1)
モバイルデバイス接続 2.4GHz無線通信によるデバイス間通信、 および BLE接続によるスマホとのペアリングおよび接続
アプリ互換性 iOS 11.0以降、またはAndroid 5.0以降
材質 CNC機械加工アルミニウムおよびステンレス鋼

ユーザーマニュアル

エーデルクローンのユーザーマニュアルで使用方法をチェックしましょう!

DollyPLUS / DollyPLUS PRO?(すべて見る)
・エーデルクローンのデバイスとのペアリング方法
・セットアップ方法
・「インスタント・パス(Instant Path)」の使用方法
・DollyPLUSの使用方法および軌道の設定方法
・アプリおよび撮影の設定方法
・録画モードの使用方法
・数値コントロールの使い方
・タイムラプスの設定方法 ? キーポーズモードや基本的な/高度な調整モードを使ってみる ?
・録画モードでのタイムラプスの設定方法
・ターゲットモードでのタイムラプスの設定方法
・ユーザーマニュアル